メインメニュー
小田高日記

2018年10月25日(木曜日)

FIELD WORK【地元の企業訪問を通して】

カテゴリー: - oda20 @ 19時29分49秒

301025-00.png

平成30年10月23日(火)、「内子町小田の産業・文化の研究」をテーマに取り組む1年生のプログラムの一環として、地元企業を訪れ、企業の運営方法や施設、地元ならではの独自の取組について学ぶ FIELD WORK を実施しました。

●□△
                                

内子町森林組合小田支所を訪問し、森林整備事業について説明をいただきました。森林の調査については、実際に利用しているドローンを使って説明をしていただき、最先端の技術を用いた調査方法に驚かされました。

○■△
                                

スギ・ヒノキの近年の価格の移り変わりや、それをふまえた運営についても詳しく説明をいただきました。林業の6次産業化を意識した運営方法が強く印象に残りました。

○□▲
                                

蠧盪劵侫譽奪轡絅僉璽からりを訪問し、説明をいただきました。地域と連携した企業運営について、深く学びを得る機会となりました。

小雨の降る中の見学でしたが、実際に現場を見ることができ、とても勉強になりました。地元企業の様々な取組に驚かされたのと同時に、その可能性に興味を持った生徒もいました。今回の授業には内子町森林組合小田支所 様、螢侫譽奪轡絅僉璽からり 様に御協力いただきました。貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございました。


2018年10月23日(火曜日)

FIELD WORK【林業の現場から学ぶ】

カテゴリー: - oda20 @ 20時10分01秒

301023-00.png

平成30年10月23日(火)、「地域産業の活性化〜林業の6次産業化〜」をテーマに取り組む2年生のプログラムの一環として、林業の現場を訪れ、林業の現状や課題について学ぶ FIELD WORK を実施しました。天候が心配されまたが、無事現地に伺うことができ、作業の様子を見学したり、現場で働く方々の話を聞くことができました。

●□△
301023-01.JPG 301023-02.JPG

今回も昨年度に引き続き、本校の同窓生である蠧2林業の藤岡雄二 様に御協力していただきました。蠧2林業は愛媛県内でも珍しい大型の重機を用いた林業を実践している企業です。

○■△
301023-03.JPG 301023-04.JPG

実際に作業で使われている機械の説明をしていただきました。普段見ることのできないものを見せていただき、その迫力に驚かされました。

○□▲
301023-05.JPG 301023-06.JPG

数人の生徒は機械の操作をさせていただきました。持ち上げてチェーンソーで大きな木を切りました。太い木でも力を入れずに簡単に切ることができました。

雨の降る中の見学でしたが、実際に現場を見ることができ、とても勉強になりました。様々な質問に答えていただき、林業という仕事に興味を持った生徒もいました。今回の授業には蠧2林業様はもちろん、内子町役場様に御協力いただきました。貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございました。


2018年10月12日(金曜日)

Odako Community Design Contest Plus One

カテゴリー: - oda20 @ 09時33分17秒

odako 30 community design contest plus one 1.png

平成30年10月2日(火)5・6限目に、3年生が取り組む地域デザインのプランニングについて、校内で開催するコンテスト「Odako Community Design Contest Plus One」を実施しました。このイベントは、発表者のプレゼンテーション能力を高めることを目的とした、関係者を招いて行うアウトプットの実践です。

●□△
301002-02.JPG 301002-03.JPG

7つのグループが、それぞれのプランについて6分間のプレゼンテーションを行い、その後、4人の審査員との質疑応答を行いました。

○■△
301002-04.JPG 301002-05.JPG

審査員は、日本政策金融公庫より佐藤 様、内子町小田自治センターより上山 様、本校の事務課長、第3学年主任に務めていただきました。佐藤 様、上山 様には今年度実施した「オダカン」や「ODAKO STUDY KISSA」などでも生徒に関わっていただきました。

○□▲
301002-06.JPG 301002-07.JPG

プレゼンテーション後の、審査員の方より様々な観点から質問がなされました。生徒たちは、質疑応答を通して、プランの修正ポイントや追加事項に加え、着眼点やアイデアへの自信を得るなど、他者による評価の重要性を感じているようでした。

ゲスト審査員の方からは、ビジネスプラン作成に取り組む意義や、地域の若者が地域課題に目を向けることへの重要性についてお話していただきました。生徒たちは、時間をかけ真剣に取り組んだからこそ、心に強く響くものがあったようです。様々な方に関わっていただき、学びを深めることができたことに心から感謝いたします。


2018年10月10日(水曜日)

「小田深山ウォーク」のコース確認

カテゴリー: - oda20 @ 13時56分32秒

本年度、小田高校は創立70周年です。

そのため、年間を通して、さまざまな記念事業を展開しております。

その一つとして、開校記念日でもある11月6日(火)に、
学校から小田深山(獅子越荘)までを歩く「小田深山ウォーク」を実施予定です。

昨日、コースの道路状況や休憩場所等の再確認を行いました。

日ごとに少しずつ気温も下がり、ウォーキングには適した季節となってきています。

当日は、初めての経験で戸惑うこともあるかもしれませんが、
生徒の皆さんにとっても、小田高校にとっても、よい思い出となるよう頑張りましょう。

301009-11.JPG 301009-12.JPG
301009-13.JPG 301009-14.JPG
301009-15.JPG 301009-16.JPG


2018年10月9日(火曜日)

第2学期 中間考査(1日目)

カテゴリー: - oda20 @ 09時55分20秒

本日より、4日間の日程で、第2学期中間考査を実施しています。

写真は、1時限目、試験開始前の3年生の様子です。

301009-01.JPG 301009-04.JPG
301009-02.JPG 301009-03.JPG

考査全日程終了後には、2年生の修学旅行や1年生のお祭り練り歩き補助活動、創立70周年記念式等が
予定されています。

生徒の皆さん、今は、目の前の大事な考査に全力で取り組んでください。


2018年9月18日(火曜日)

SPECIAL SEMINAR 【人口減少問題対策出前講座をとおして地域を知る◆

カテゴリー: - oda20 @ 20時00分45秒

300918-00.png

平成30年9月18日(火)、1年生を対象に「SPECIAL SEMINAR」を開講しました。「SPECIAL SEMINAR」は小田高版・起業家教育プログラムの一つで、校外より講師を招いて開催する特別講座です。今回は、愛媛県が実施している人口減少問題対策出前講座を活用し、「人口減少問題対策出前講座をとおして地域を知る」をテーマに2時間の講座を開いていただきました。

●□△
300918-01.JPG 300918-02.JPG

前回(9月11日)の講座では、愛媛県や内子町の人口減少問題の現状を教えていただきました。また、「内子町いいとこマップ」を作成し、内子町の魅力を共有しました。

○■△
300918-03.JPG 300918-04.JPG

内子町地域おこし協力隊の武田 様より、ご自身が取り組まれている「梺サービス」についてお話していただきました。山と人との接点をつくるために、「林業×○○」の考え方のもと展開されるオリジナリティ溢れる取組には驚きとワクワクがありました。

○□▲
300918-05.JPG 300918-06.JPG

「内子町に夢見ることランキング」というテーマのもとワークショップを行いました。それぞれが内子町の未来の姿、期待する姿を出し合い共有しました。

小田高校の1年生は、「内子町小田の産業・文化の研究」をテーマに、小田高版・起業家教育プログラムを実践しています。また、3年生では地域デザインのプランニングに取り組みます。今回の講座では、内子町地域おこし協力隊の方の取組に刺激を受け、未来の町に期待することを共有しました。今回の学びは、きっと2年後のプランニング、将来のまちづくりに活かされるはずです。講師の方々、本当にありがとうございました。


2018年9月11日(火曜日)

SPECIAL SEMINAR 【地域デザインのプランニング供

カテゴリー: - oda20 @ 08時26分05秒

300911-31.png

平成30年9月11日(火)、3年生を対象に「SPECIAL SEMINAR」を開講しました。「SPECIAL SEMINAR」は小田高版・起業家教育プログラムの一つで、校外より講師を招いて開催する特別講座です。今回は、講師に日本政策金融公庫より佐藤 様を招き、「地域デザインのプランニング供船咼献優好廛薀鷓鄒のノウハウを学んで〜」をテーマに2時間の講座を開いていただきました。

●□△
300911-32.JPG 300911-33.JPG

日本政策金融公庫が主催する高校生ビジネスプラングランプリの応募用プランニングシートを利用し、ビジネスプラン作成のポイントを教えていただきました。講師の佐藤 様は6月6日に実施した「小田高生全校会議 オダカン」の講師でもあります。

○■△
300911-34.JPG 300911-35.JPG

本校は本年度から2年間、金融教育の研究指定校となっており、様々な場面で金融リテラシーの向上を目指しています。今回の講座では、収支計画の項目の中から特に、売上高の算出について、価格設定の妥当性や来客数(見込)から考える実習も行いました。

○□▲
300911-36.JPG 300911-37.JPG

今回の学びを生かし、今後、ビジネスプランシートを完成させ、日本政策金融公庫が主催する「高校生ビジネスプラングランプリ」への参加を予定しています。地域に対する想いを上手く表現できるよう、この後もグループメンバーとの議論は続きます。

小田高校の3年生は、小田高版・起業家教育プログラムのなかで地域デザインのプランニングに取り組んでいます。今回の講座は、自分たちの提案にビジネスプラン作成のノウハウを取り入れ、実現性を高める根拠と理念を加えることを目的に開講しました。金融リテラシーの向上につながる講座にもなり、プラン作成上の重要な観点を学んだ貴重な時間となりました。講師の先生、本当にありがとうございました。


SPECIAL SEMINAR 【人口減少問題対策出前講座をとおして地域を知る 

カテゴリー: - oda20 @ 08時19分11秒

300911-11.png

平成30年9月11日(火)、1年生を対象に「SPECIAL SEMINAR」を開講しました。「SPECIAL SEMINAR」は小田高版・起業家教育プログラムの一つで、校外より講師を招いて開催する特別講座です。今回は、愛媛県が実施している人口減少問題対策出前講座を活用し、「人口減少問題対策出前講座をとおして地域を知る」をテーマに2時間の講座を開いていただきました。

●□△
300911-12.JPG 300911-13.JPG

愛媛県 八幡浜支局の小谷 様より「愛媛県の人口減少問題の現状」をテーマに講義をしていただきました。愛媛県の現状とともに、結婚支援や子育て支援等の様々な取組について教えていただきました。

○■△
300911-14.JPG 300911-15.JPG

次に、内子町 総務課の室岡 様より「小田の未来を考えてみよう」をテーマに講義をしていただきました。内子町の現状を自治会別の細かなデータ等を用いて教えていただきました。

○□▲
300911-16.JPG 300911-17.JPG

最後に、「内子町いいとこマップ」を作成するワークショップを行いました。内子町の良いところを白地図に書き込む作業をとおして、地域の魅力を再認識するとともに、各班の発表をとおして、自分の知らない内子を知るきっかけとなりました。

小田高校の1年生は、「内子町小田の産業・文化の研究」をテーマに、小田高版・起業家教育プログラムを実践しています。今回のワークショップの目的でもありましたが、「我が町」という思いを持ち、それを深めることが、きっと町の存続につながるのではないでしょうか。来週、「SPECIAL SEMINAR」として、第2回目の人口減少問題対策出前講座が開催されます。今回同様、郷土愛の醸成につながる講座を心から楽しみにしています


2018年7月30日(月曜日)

小田燈籠祭り

カテゴリー: - oda20 @ 17時52分50秒

7月28日(土)に内子町小田地区で燈籠祭りが実施されました。

お祭りでは牛車、ログ風の山車、絵燈籠、太鼓台、踊り連などが商店街を練り歩きます。

本校からも、ふるさとデザイン部(美術部門)の生徒が制作した絵燈籠が出品されました。
今年の絵燈籠のテーマは「西郷どん」でした。

また、山車や太鼓台の担当として参加した生徒たちも、地元のお祭りを楽しみながら、一生懸命に盛り上げていました。

300730-01.jpg 300730-02.JPG
300730-03.JPG 300730-04.JPG


2018年7月18日(水曜日)

SPECIAL SEMINAR 【地域デザインのプランニング機

カテゴリー: - oda20 @ 08時54分48秒

300717-01.png

平成30年7月17日(火)、3年生を対象に「SPECIAL SEMINAR」を開講しました。
「SPECIAL SEMINAR」は小田高版・起業家教育プログラムの一つで、校外より講師を招いて開催する特別講座です。
今回は、講師に国連生物多様性の10年市民ネットワーク四国地域グループより納堂 様、谷川 様を招き、
「地域デザインのプランニング機岨続可能な開発目標(SDGs)の観点から〜」をテーマに2時間の講座を開いていただきました。

●□△
300717-02.JPG 300717-03.JPG
300717-04.JPG 300717-05.JPG

SDGsについて教えていただきました。SDGsとは、国連総会で採択された「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」の一環で合意された、世界が2030年までに達成を目指すべき17の目標のことです。

○■△
300717-06.JPG 300717-07.JPG
300717-08.JPG 300717-09.JPG

「ODAKO STUDY KISSA」の成果物も利用し、地域の課題と解決策についてディスカッションを行いました。その後、SDGsとの関連性を考えました。

○□▲
300717-10.JPG 300717-11.JPG
300717-12.JPG 300717-13.JPG

最後に各グループの提案事項、SDGsとの関連性を共有しました。講師の先生からは、SDGsの観点からアドバイスをいただくとともに、
これからの時代に必要とされる能力や考え方についても話をしていただきました。

小田高校の3年生は、小田高版・起業家教育プログラムのなかで地域デザインのプランニングに取り組んでいます。
今回の講座は、自分たちの提案にSDGsの観点を取り入れ、実現性を高める根拠と理念を加えることを目的に開講しました。
SDGsというフィルターを通し、自分たちの提案を評価・表現することで、他のプランや他の地域との共通項をわかりやすく見出すことができ、
企画の進化、または深化へつながる可能性を感じました。講師の先生方、本当にありがとうございました。


2018年6月26日(火曜日)

ODAKO STUDY KISSA

カテゴリー: - oda20 @ 22時24分34秒

300626-01.png

平成30年6月26日(火)、1・3年生を対象に「ODAKO STUDY KISSA」を開催しました。「ODAKO STUDY KISSA」は、「仲を深める・視野を広げる・新しいアイディアにつなげる」をコンセプトに、テーマ関係者を招き、全3ラウンドのワールド・カフェを実践するイベントです。

●□△
300626-02.JPG 300626-03.JPG
300626-04.JPG 300626-05.JPG

1年生のテーマは「日本・愛媛・内子の魅力」。ゲストに内子町国際交流協会 様や内子町在住の海外留学・海外勤務経験者の方々を招き、国際的な視点からのアドバイスをいただきました。

○■△
300626-06.JPG 300626-07.JPG
300626-08.JPG 300626-09.JPG

3年生のテーマは「地域をデザインするとは」。ゲストに内子町内の自治センター 様や内子町役場 様を招き、実際の地域デザインに携わる立場からのアドバイスをいただきました。

○□▲
300626-10_1.JPG

2時間のプログラムでしたが、時間はあっという間に過ぎていきました。普段の学校生活では出会えないゲストの方々とのコミュニケーションは、とても新鮮でした。

カフェのようなBGMのかかる体育館に、各自ドリンクを持ち込み、家庭科の授業で生徒が作ったお菓子をつつきながらのワールド・カフェ。普段の授業とは違った雰囲気だからこそできるコミュニケーションや発想がありました。ゲストの方々との距離が近くなったことはもちろん、地域を題材にしたことで、地域への愛着も深まりました。ゲストの方々、本当にありがとうございました。


2018年6月25日(月曜日)

ODAKOふるさと講師縁・特別編【ふるさと小田「本当の色」プロジェクト】

カテゴリー: - oda20 @ 19時39分27秒

300625-01.png

平成30年6月23日(土)、ふるさとデザイン部の生徒と希望者を対象に、「ODAKOふるさと講師縁・特別編【ふるさと小田「本当の色」プロジェクト】」を実施しました。今回は、女子美術大学の副学長・芸術学部長の橋本 弘安先生を講師に、地域で採取した石・土などを使って、天然岩絵の具作りの講座を開催しました。

300625-02.JPG 300625-03.JPG
300625-04.JPG 300625-05.JPG

事前に採取しておいた地域の石を自分たちの手作業で粉砕しました。専用の作業キットを利用すると比較的簡単に作業を進めることができました。

300625-06.JPG 300625-07.JPG
300625-08.JPG 300625-09.JPG

今回の講座には地域からの参加者も。「自然から生まれる色は優しくて温かい」と話してくれたことがとても印象的でした。

300625-10.jpg

作成した岩絵の具を使ってパネルに色を塗りました。石の違いや、粉砕過程の違いから一つとして同じものがない、面白い作品となりました。

講師の橋本先生は「小田の天然岩絵の具で描いたものは、きっと小田の風景を思い起こさせる特別なものになる」と話してくれました。今回参加した生徒は、後日、地域を巻き込んだ【創立70周年記念 ふるさと小田「本当の色」プロジェクト】の制作支援スタッフとして、一般の生徒や地域の方々のサポートを行う予定です。地域への注目度を高め、愛着を深められる取組になるようしっかりと準備をしていきたいと思います。講師の先生、参加してくださった地域の方々、本当にありがとうございました。


2018年6月7日(木曜日)

小田高生全校会議 Odako Conference「オダカン」

カテゴリー: - oda20 @ 15時58分56秒

300606-00.png

平成30年6月6日(水)、公開授業の午後の時間に、小田高生全校会議 Odako Conference「オダカン」を開催しました。「オダカン」は与えられたテーマをもとに、グループディスカッションを行い、自分たちのアイディア・プランをプレゼンし、グランプリを決定するイベントです。今回のディスカッションテーマは「小田高校をよりよくするプラン」でした。

300606-01.JPG 300606-02.JPG
300606-03.JPG 300606-04.JPG

日本政策金融公庫 様にインプット講座を担当していただきました。「課題解決にビジネスアイデア発想法を取り入れよう!」をテーマに、アイデア創出のポイント等を教えていただきました。

300606-05.JPG 300606-06.JPG
300606-07.JPG 300606-08_1.JPG

ディスカッションとプレゼンテーションにタブレットを利用しました。情報収集だけでなく、校内の写真や動画の撮影、発表資料作成等、生徒たちは様々な方法でタブレットを活用していました。

300606-09.JPG 300606-10.JPG
300606-11.JPG 300606-12.JPG

ディスカッションのアドバイザーとして、内子町役場 様、内子町森林組合 様、聖カタリナ大学(学生)様にご協力いただきました。生徒たちは、立場や年齢の違う方々とのコミュニケーションを図ることを通して、それがアイデア創出のきっかけとなることを体感できました。

上記の方々以外にも、イベントのMCを河原パティシエ・医療・観光専門学校(学生)様に担当していただきました。様々な方のご協力により、普段の授業とは、ひと味違ったイベントとなり、生徒たちの主体的な活動につなげることができました。今後も、産官学民の様々な方々と協働し、小田高生の可能性を広げるとともに、本校独自の学びを実践していきたいと思います。


2018年6月5日(火曜日)

第1回 公開授業(1日目)

カテゴリー: - oda20 @ 21時06分05秒

本日は第1回の公開授業(1日目)でした。

公開授業は、保護者や地域の方々に、普段の小田高生の学習の様子を見てもらう良い機会です。

ですが、生徒たちの中には、少し張り切っている者も。

やはり、誰かに見られるということはモチベーションも上がり、大切なことであると感じました。

ちなみに、先生たちにも、多少その雰囲気はあったと思います。

300605-01.JPG 300605-02.JPG
300605-03.JPG 300605-04.JPG

4限目には、全校一斉に進路講演会を開催しました。

1・2年生は体育館で、3年生は就職希望者と進学希望者が、それぞれの会場で講演会に参加しました。

各会場とも、自分の進路に向き合えた貴重な時間となりました。

300605-05.JPG 300605-06.JPG
300605-07.JPG 300605-08.JPG

7限目には、2年生を対象に、インターンシップ前マナー講習会も開催されました。

2年生は6月12日(火)〜14日(水)までの間、インターンシップを実施します。

実習日まで1週間を切りましたが、本日の講習会を含め、前日までしっかりと準備をし、3日間の貴重な体験に臨みたいと思います。

300605-09.JPG 300605-10.JPG


2018年6月4日(月曜日)

愛媛県高等学校総合体育大会&喜多地区七高校野球交歓試合

カテゴリー: - oda20 @ 20時28分46秒

6月1日(金)から第72回愛媛県高等学校総合体育大会が開催されています。

小田高校からもソフトボール部(女子)、バレーボール部(女子)、
ソフトテニス部(男子)、剣道部(男子・女子)の4つの部活動が出場しました。

天候は快晴、少々暑さを感じる気候ではありましたが、
選手たちは、それぞれが懸命にプレーに臨み、
高校生らしい姿で、周囲に感動をもたらしていました。

選手の皆さん、感動をありがとう。

また、応援してくださった全ての方々、ありがとうございました。

【結果】

ソフトボール部(女子)
1回戦 小田 2ー29 東温

300604-01.JPG 300604-02.JPG

バレーボール部(女子)
1回戦 小田 2−0 伊予
2回戦 小田 1ー2 帝京第五

           

ソフトテニス部(男子)
1回戦 小田 0−3 八幡浜

300604-05.JPG 300604-06.JPG

剣道(男子)
1回戦 小田 2−1 宇和島南
2回戦 小田 1−3 今治精華

剣道(女子)
1回戦 小田 1−1 川之江 ※本数勝ち
2回戦 小田 0−3 南宇和

300604-07.JPG 300604-08.JPG

また、同6月2日(土)・3日(日)に城の台公園多目的広場で、
喜多地区七高校野球交歓試合が開催されました。

帝京第五・内子・小田・大洲農業・大洲の5校がトーナメント戦に加え、
フレンドリーマッチを行い、来る夏の高校野球選手権大会に向けて、
より大会に近い実践に臨みました。

小田高校は本年度の開催校として、
自分たちの試合はもちろん、大会の運営にもあたりました。

今回の経験が、本番である、
夏の高校野球選手権大会での勝ち星へつながることを願っています。

【結果】

1回戦 小田 2−18 内子
フレンドリーマッチ 小田 10−7 大洲農業

300604-09.JPG 300604-10.JPG


2018年4月15日(日曜日)

PTA総会

カテゴリー: - oda20 @ 19時15分18秒

本日は公開授業の後にPTA総会が行われました。

PTA会長、校長の挨拶の後、昨年度の行事報告・決算報告を行い、
役員改選後、新PTA会長より今年度の行事計画や予算の審議が行われました。

300415-01.JPG 300415-02.JPG
300415-03.JPG 300415-04.JPG

最後に教職員の紹介、各課からの連絡が行われました。

300415-05.JPG 300415-06.JPG

この総会より新役員でのPTA活動が開始されます。

役員の皆様、PTA活動にかかわってくださる皆様、どうぞよろしくお願いいたします。


2018年4月13日(金曜日)

第1回 交通安全集会

カテゴリー: - oda20 @ 16時44分35秒

本日は第1回 交通安全集会が実施されました。

小田高校ではTSA委員が中心となって、
交通安全に関する諸活動を行っています。

300412-01_1.JPG 300412-02_1.JPG

TSA委員長より

「TSA委員の活動とは、交通安全集会を中心に、
 様々な交通安全運動をとおして、
 以下の4つのことを守れる小田高生になってもらうためにあります。
 それは、 『良い交通真名を身に付ける』
         『規則をきちんと守る人になる』
         『交通事故を未然に防ぐ』
         『命を守ることの大切さを知る』  です。」

と話がありました。

300412-03_1.JPG 300412-04_1.JPG

自分たちの命を守るためだけでなく、
地域の交通安全に貢献できる小田高生になれるよう、
本年度も活動を充実させていきたいと思います。


部活動の様子(体育館)

カテゴリー: - oda20 @ 09時06分09秒

本日は、1年生を加え、総体に向けて盛り上がる部活動の様子を紹介します。

体育館1階の武道場では剣道部と卓球部が活動をしています。

300412-01.JPG 300412-02.JPG

どちらの部活も、
独特の緊張感の中、まさに真剣な眼差しで相手に臨んでいました。

300412-03.JPG 300412-04.JPG

体育館2階のフロアではバレーボール部が活動をしています。

多くの1年生を迎え、
今まで以上に練習に活気が湧いてきたように思います。

300412-05.JPG 300412-06.JPG

剣道部は4月22日(日)に県武道館で、

卓球部は28日(土)・29日(日)に北条スポーツセンターで、

バレーボール部は28日(土)・29日(日)に東温高校で、

それぞれ総体中予予選が行われます。

皆さん、応援よろしくお願いします。


2018年4月11日(水曜日)

新入生オリエンテーション

カテゴリー: - oda20 @ 17時20分43秒

本日は午前中の3時間を使って、
新入生を対象にしたオリエンテーションが実施されました。

1時間目には、
生徒課長や教務課長からの学校生活や学習についての話や、
養護教諭やスクールライフアドバイザーからの教育相談や保健室の利用についての話がありました。

300411-01.JPG 300411-02.JPG

2時間目には、
進路課長より進路についての話がありました。

その後、校歌指導、学年集会へと続きました。

300411-03.JPG 300411-04.JPG

3時間目には、
スマートフォンにも対応している授業・学習支援サービス「Classi」の説明会を行いました。

300411-05.JPG 300411-06.JPG

入学式から3日目が経ち、新1年生は、
新しく覚えることや、初めて体験することばかりです。

また、今日からは授業もスタートしました。

まだまだ緊張した面持ちが多く見られますが、
早く高校生活に慣れ、有意義な小田高ライフを送ってほしいと願っています。


2018年4月10日(火曜日)

全校集会

カテゴリー: - oda20 @ 18時19分33秒

本日の全校集会では、
ホームルーム役員任命式と部・同好会仮登録、クラス写真撮影が行われました。

本日、1年生から3年生までホームルーム役員が任命され、
いよいよ本格的に学校生活がスタートとなりました。

300410-01.JPG 300410-02.JPG

小田高校では全生徒が何らかの部活動・同好会に所属します。

今日は部・同好会仮登録ということで、
しばらくは仮入部という形で活動が行われます。

300410-03.JPG 300410-04.JPG

最後にクラス写真を撮影しました。

300410-05.JPG 300410-06.JPG

4月最初の恒例行事を終え、新学年の始まりを感じた一日でした。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project