O-DIARY【小田校ブログ】

感謝!「おだまるカレンダー」‼

「おだまる」の原作者(本年度卒業生)からオリジナルおだまるカレンダーをプレゼントしていただきました!

家庭学習期間中の2月に担任の先生とコツコツ作ってくれていたようです。

本当に素敵なカレンダーをありがとうございました!

今年度の「オダカン」にて、「ゆるキャラグランプリ」の実施が決まり、複数の応募作品より「おだまる」が選ばれ、人形や缶バッチ、マグネット、旗…様々なアイテムが生まれました。

たくさんの人を動かした生徒のアイデアってすごい!

 

入試前に花壇の手入れを

1・2年生が入試前に芝桜やパンジーの花壇の手入れを行いました。

全校生徒で植えた芝桜も少し咲き始めた花壇ですが、草引きをして肥料や堆肥をやりました。

受験生が少しでもリラックスして、小田分校の雰囲気を楽しんでくれたらと思います。

桜の花が咲く頃には、満開になるのを楽しみに作業をしました。

内子福祉館でいただいたノースポールも、寒さに負けず育ちました。

テニスコート側に植え替えをした白い花です。

来年は種が落ちて、あちこちに咲くのでは?と思っています。

 

内子町と世界をつなぐ

3月8日(金)、海外(シリコンバレー)の企業とつくる学びの場「内子町と世界をつなぐ」を実施しました。

第1部ではB-Bridge International,Inc.の桝本様 にシリコンバレーの文化やエコシステム等のお話をしていただきました。

第2部では、学校や学びの場における今年1年の変化について意見出しを行い、海外との連携を前提に学びたいこと、挑戦したい学び方等についてグループディスカッションを行いました。

桝本 様の「イノベーションとは技術革新にとどまらず、常識を飛び越えることだ」という言葉に刺激を受け、様々な学びのアイデアを生み出してくれました。

未来の小田分校をみんなでつくろう!

 

エドヒガン植樹

前PTA会長様から桜の苗木をいただきました。

上川地区の世善桜を、松山市北条の名手に接いでいただいたものだそうです。

エドヒガンという品種で、ソメイヨシノなどよりも寿命の長い桜です。

2本の苗木はグランドの南側に植えていただきました。

大きく育ってたくさんの花をつけるのを楽しみにしてます!

 

剣道・ダンスの発表会に向けて

小田分校では、毎年1・2年生の体育で剣道・ダンスの発表会を実施しています。

今年度は3月15日の5・6時間目です。

剣道2段の生徒から剣道初体験の生徒が共に型に挑みます。

また、1年生のダンスは「ミッキー」をテーマ曲に、2年生は自由曲で創作に取り組んでいます。

真剣、緊張、笑顔、歓声…本番が待ち遠しいです!