O-DIARY【小田校ブログ】

ふるさと探訪学講演会

本校独自の科目である「ふるさと探訪学」が、今年度最後の授業となりました。

現在ふるさと探訪学は、地域おこし協力隊について学習しています。

今日の授業は、本校を中心に活動をしている地域おこし協力隊、「学校魅力化コーディネーター」の小田原先生にお越しいただき、お話をしていただきました。

地域おこし協力隊の概要の説明、内子町で活動している地域おこし協力隊のそれぞれのミッションの紹介、小田原先生自身が内子町に来られるまでのいきさつ、今後の活動の展望などを話していただきました。

生徒も真剣に話を聞き、メモを取ることができていしました。

質問も積極的に挙手をして行うことができました。

地域おこし協力隊のリアルな話を聞くことができ、有意義な授業となりました。

小田原先生、ありがとうございました。

 

最後の調理実習は…おにぎり作り

3月5日(金)2年生最後の調理実習は、余ったお米で「おにぎり作り」に挑戦しました。

1人1合のちょっと多い分量のご飯を、自分たちが持参した好みの具材をはさんだり、混ぜたり…豪華に肉を混ぜて焼き肉おにぎりやふりかけを全部ミックスして、味の濃いおにぎりやら、普段のお弁当におにぎりをリクエストしている自分たちを、ちょっと反省した調理実習となりました。

でも、これで一人暮らしをしても「おにぎりは作れる!」と自信たっぷりの笑顔。

自分で作ったおにぎりの味は格別でした。

 

美術でアニメ制作

2年生が美術の授業でアニメーションの制作に取り組んでいます。

「おだまるの大冒険」というタイトルの短編アニメで、小田校のゆるキャラ「おだまる」がおだ姫を取り戻すために小田の名所を駆け回るという話になっています。

グループ員が知恵を出し合ってストーリーを考え、登場するキャラクターを手作りしました。

おだまるが向かう先には、カメムシやシイタケなどの難敵が待ち受けています。

おだ姫を無事救出できるか、乞うご期待!

 

折り紙ペープサート

1・2年生が、折り紙を使ってペープサートを作りました。

3年生が保育の時間に作った「3匹の子ぶた」「子ぶた・たぬき・きつね・ねこ」を見本に一生懸命に取り組みました。

とても可愛い動物や物語の主人公が完成し、お話を練習するグループもいました。

幼稚園や特別支援学校で使ってもらえると嬉しいねという会話も聞こえてきました。

 

修学旅行⁉

今年度の2年生は修学旅行に行くことができませんでした。

「どこかでその代わりとなる思い出づくりを…」と誰もが考えています。

そんなときに、教育魅力化コーディネーターさんがリアルな映像やグッズを用意して、今年度行くはずだった修学旅行をプチ体験させてくれました!

生徒たちは教室で急に渡されたチケットを持って体育館へ。

松山空港に入るところからスタートし、飛行機の離陸や浅草雷門、ディズニーリゾート等々…

映像+ガイドで楽しむとともに、感動をいただきました。

どうも大量のディズニーリゾートグッズは、昨年度修学旅行に行った卒業生たちが提供してくれたものだったようです。

様々な人から2年生にむけられた想いを感じられる素敵な時間でした。