O-DIARY【小田校ブログ】

1年生妊婦疑似体験

1年生26人が、家庭総合の時間に妊婦疑似体験を実習しました。

約8kgの妊婦ジャケットを身につけ、3階から1階までの階段昇降や落ちた物を拾う動作、椅子に座ったり立ったりの日常動作の大変さも実感しました。感想には、

足下が見えず怖かった。

重くて腰が痛くなったというものが多かったのですが…、大変貴重な体験をすることができた。

パートナーへの気遣いやこれから妊婦さんを見かけたら席を譲るようにしたい。

など優しい気持ちが書かれていました。

 

 

地域の伝統+森林+小田校生=?

本校独自の「プロジェクト学習」は、地域の方々や事業所の皆様のご協力によって成り立っています。

 

活動の中で、内子町森林組合でお話を伺いました。

「小田の伝統を発信できるモノが作りたい!」

「内子町で育ったスギやヒノキの端材を活用したい!」

「私たちのプロジェクトで、地元を活気づけたい!」

…盛りだくさんな願いを込めたプロジェクトが、始動しています。

 

 

晴天の屋上ランチ♪

全校みんなで青空の下、屋上ランチです。

4月末に予定されていた遠足が中止になり、とても残念がっていたみんなの様子を見て「少しでも遠足気分を味わってほしい…!」と、いつもの企画者さんが動き出してくれました。

 

“小田だからできること”をたくさん考えて、たくさん楽しんで、たくさん成長しています!

 

 

パソコン講習会

愛媛県では1人1台端末事業により、今年度から公立高等学校の全生徒にタブレット端末が貸与されています。

本日はその講習会としてTeamsのチャットやビデオ会議の機能の利用方法の説明が行われました。

生徒は新しいタブレット端末を前にワクワクしながら、様々な機能の使い方を覚えていました。

たくさんの可能性を秘めたものです。ぜひ有意義に使っていきましょう。

 

 

漢字テスト

本日は祝日ですが、普段の小田分校では木曜日に漢字テストが実施されています。

先週実施された漢字テストでは、各クラス高得点を取れるようプリントにひたむきに取り組む姿勢が見られました。

年度末に平均点が高い生徒は優良賞として表彰されます!

みんな優良賞目指して頑張りましょう!

 

 

合同体育(1・2年生編) 2週目

1・2年生の合同体育は2週目が行われました。

1週目を通してお互い慣れてきたのか、1年生の集団行動は少しずつ統率が取れてきました。

2年生の教え方も自信があふれ、具体的な指導になってきました。

この調子で頑張れ、1年生!

 

 

放課後もアクティブに…!

放課後の小田校で見られる風景です。

検定に向けて黙々と電卓を打つ3年生、グループで数学を研究する1年生…。

なんとオリジナルローソクを試作するひとも…!?

 

部活動も、勉強も、プロジェクト学習も… 欲張りたいなら、小田校へおいで!

 

 

地域共生部4月の活動

地域共生部(VYS)にも1年生が5人入部してにぎやかになりました。

早速、テニスコート横の銀杏の木の下に、ポーチュラカの苗を植え、信号機横の花壇の草引きをしました。マイ軍手を使ってみんなでワイワイ作業すると、あっという間に綺麗になりました。次は、何を植えようか、話し合うのも楽しみです。

 

 

衛星劇場シアター春号 ありがとうPart2

生徒たちは、自分たちの学校をどう紹介してもらっているのか、「衛星劇場シアター 春号」の小田分校特集を食い入るように見ています。「手話の部屋」の番組MC・役者・手話コーディネーターをされている妹尾映美子さんにリモート取材していただき、完成しました。生徒たちは親しみを込めて「セオちゃん」と呼んでいます。

リーフレットの「自然も愛情も豊かで優しい里山に触れたらファンになる。移住したくなる。気付きと発見の宝庫、楽しい学びができるこの学校、この地域には人を変える力がある。こんな素晴らしい高校をなくしたくない。なくしてはいけない。小田分校が、生徒皆さんの笑顔が、どうか未来に続きますように。」という結びの言葉に、「ありがとう…セオちゃん!」という生徒たちの笑顔を届けたいと思います!

 

 

芝桜がきれいでした!

昨年の10月31日ハロウィンに、全校生徒で植えた芝桜が満開でした。

青紫色がオーキントンブルーアイ、白とピンク色がキャンディストライプという品種です。

分校化記念に植えようと、家庭クラブ役員で相談してこの2つの品種に決めました。来年はもっと大きく育ち、広がって咲いてくれることと思います。山間や地域だけでなく、季節ごとの花が咲く小田分校…素敵だと思います。

  

  

いよいよ明日は…!

明日は、県総体の地区予選です。

今年度は、残念ながら無観客試合のため、放課後には吹奏楽部からエールを込めて、校歌演奏が贈られました。

 

運動部の皆さん、小田校らしい爽やかな全力プレーで頑張ってください!

心から応援しています!!

  

  

LET’S DO ODA(どーだ)!!【プロジェクト学習Ⅱ】

「1・2年生みんなに、プロジェクト学習について知ってもらおう!」

「そのためには、直接見てもらった方が早いよね!!」

そんな突然の提案によって、本日のプロジェクト学習Ⅱには1・2年生全員が見学に来ました。

いきなり1・2年生が来て、自分たちのプロジェクトの説明を求められた3年生たち。でもそこはさすがです。最初こそ緊張はあったものの、少ししたら熱く語ってくれました。

1・2年生もその熱い思いを受けて、

「プロジェクト学習…、すごい!やってみたいかも!!」

と興味・関心を持ってくれました!

 

いいぞ!いいぞ!ぜひやろうじゃないか!!小田分校全体でプロジェクト学習だ!!!

 

 

 

 

 

SPECIAL SEMINAR 【ジブンゴト化】

3年生の総合的な探求の時間「未来」では、

「未来をデザイン ―われらふるさと起業家―」

というテーマのもと「起業家精神」や「起業家的資質・能力」を備えた地域創生に貢献できる人材を育成しています。本日はそのプログラムの1つである第1回SPECIAL SEMINARが3年生向けに実施されました。

 

今回は「ジブンゴト化」をキーワードに地域活性化を自分事として捉える姿勢を養うことを目的として活動が行われました。

活動ではまず地域で実際に好きなことを仕事につなげている方々の講話を聴き、その後少人数グループで実際に生徒が自身の好きなことを話し、これをどう課題解決に生かしていくかを議論していきました。

 

今回は新型コロナウイルス感染症の影響により、Zoomを活用した活動となりましたが、外部講師との楽しくも建設的なコミュニケーションにより、充実した活動にすることができました。

これから3年生は地域の課題解決に向けたビジネスプランを考えていきます。ワクワクするプランが出てくるのが楽しみですね!

↑ 3年生の未来のメインテーマ!

↑ 好きなコトならなんだって構わない!

↑ 好きなコトならいつでもアピールは欠かせません!

↑ 講師の方々の話はとても興味深いので、教職員も横入りで参加したりします。

合同体育(1・3年生編)

1年生と3年生による合同体育です。

 

後輩たちにかっこいい姿を見せたくて、3年生は朝からどきどきしていました。

無事、気迫のこもった集団行動を見せることができましたね!

 

細かいところまで指導を受けて、1年生の「小田校体操」は毎日どんどん良くなっています。

いいぞ、いいぞ、1年生!!

 

 

合同体育 1・2年生編

小田校の“日本一の集団行動”を受け継ぐために、1年生が奮闘しています。

今日は、2年生との合同体育です。

先輩方のお手本を見せてもらって…きびきびとした動きに圧倒されています。

頑張れ、頑張れ、1年生!!

 

 

 

衛星劇場シアター掲載!!

衛星劇場シアターのパンフレット春号の「セオちゃんのなんでも好奇心」のコーナーで小田分校の記事を掲載していただきました。

少人数の学校生活、充実した体験、生徒による地域起こし・分校存続への取組など小田分校の魅力がたくさん詰まったものになっています。機会があればお手にとってご覧ください。

セオちゃんありがとう!

 

屋上ランチ

小田分校の定例イベントになりつつある、「屋上ランチ」。

「小田にゆっくりできる場所がほしい!」という気持ちから生まれた、生徒によるプロジェクトの一つです。

 

今年度第1回目の今回は、1・3年生の仲良しランチでした。

3年生は、新入生の名前を知ることができて、とても嬉しそうです。

1年生も、笑顔が見られてよかったです!

 

 

 

身体計測

本日は午後から身体計測でした。

今日の測定結果がこの1年の公式記録!

身長、体重いかがだったでしょうか?

そういえば午前中、授業中お腹が鳴ることが多かったですね。なんででしょう?

 

 

進路課学年指導(3年生)

水曜6限目「未来」の時間には、各学年で進路探究を行っています。

今日は、3年生が進路課長の講話を受けました。

今の私は何をすべきか、落ち着いて考える時間になりました。

「これでいい」ではなく、「これがいい」と思える道を切り開きましょう!

 

 

部活動体験期間

本日は課題テストの後、1年生はオリエンテーション、2・3年生は平常授業でした。

放課後は部活動の体験期間ということで、様々な部活動に1年生の姿が見られました。

様々な部活動を見て、自分にピッタリのものを見つけてほしいですね。

 

 

始業式・入学式

本日は始業式と入学式、小田分校として新しい1年が始まりました!

まずは始業式。新任の先生の紹介があり、校長より式辞をいただきました。ホームルーム担任発表では子どもたちは大盛り上がりです。

  

 午後からは入学式。新入生は緊張していましたが堂々と入場していました。その後、初めてのホームルーム活動。担任からの優しい言葉かけがありました。

  

  

 明日から課題テストとオリエンテーションとなります。新入生は少しずつ小田分校の生活に慣れていってください。改めまして、小田分校へようこそ!!

 

 以下に、入学式における校長の式辞を掲載します。

 式辞

 若者の前途洋々を象徴するかの如く、春たけなわの今日の佳き日に、ご多用の中、内子町長小野植正久様を始め、ご来賓の皆様のご臨席を賜り、新入生を迎える式典をこのように挙行できます事、深く感謝いたしますと共に、心からお礼申し上げます。

 また、保護者の皆様方におかれましては、お子様の高等学校入学という記念すべき日を迎えられ、喜ぶもひとしおのことと拝察いたします。心からお喜び申し上げます。

 さて、只今、入学を許可いたしました二十六名の新入生の皆さん、御入学おめでとうございます。小田分校には、小さな学校だからこそ、この環境だからこそ、できることがたくさんあります。大いに三年生の高校生活を楽しんでください。

 「すべては、一匹のネズミとの出会いから始まった。」

 これは、ウォルト・ディズニーの言葉です。まだ、名も売れず貧しい暮らしをしていた若きウォルト・ディズニーと一匹のネズミとの出会いが、ミッキーマウスという愛くるしいキャラクターを創り出していきます。ディズニーは、老若男女すべての人々を魅了してやまない多くの作品を次から次へと生み出していったのです。

 私は、出会いという言葉が好きです。出会いには、夢と希望が詰まっています。出会いとは、何も人間だけとは限りません。一匹のネズミでもいいんです。小田分校でも構わない。出会いというのが新しい価値を運んでくることなのです。人は出会いによって一つ成長するし、出会いには、自分を高めるチャンスがあります。出会いは、皆さんの未来を創っていくものなのです。そう。過去を変えることはできませんが、未来は変えることができるのです。

 最後に、新入生の皆さんが、新しい先生方、新しい友だち、新しい校舎で、素敵な出会いを迎えられることに心から期待し、ご臨席・ご列席いただきました皆様方に、今後とも本校のために、ご支援とご指導をお願い申し上げ、式辞といたします。

 令和三年四月七日

 愛媛県立内子高等学校長 藤本 昭二

入学式に向けて

新入生の皆さんを迎える準備が、校内各所で進められています。

机と椅子の整備をしたり、黒板にアートを用意したり、廊下にはお花を並べたり…。

在校生一同、新入生と会う明日を心から楽しみにしています!

  

 

春休みの部活動②

前回に引き続き春休みの部活動の様子です。

本日は体育館1階の剣道部と卓球部の紹介です。

剣道部は新3年生2名、新2年生3名の計5名で活動しています。

練習は1つ1つの練習を真剣に!一方で練習後に撮影をお願いすると楽しい雰囲気を伝えてくれました。

卓球部は現在新2年生が1名のみ。顧問とマンツーマンで頑張っています。

いずれの部活動も新入部員絶賛募集中です!!

 

 

春休みの部活動①

春休みも各部活動が生き生きと活動しています。

4階音楽室では吹奏楽部が活動中。現在新3年生5人で楽しく演奏しています。

グラウンドのテニスコートではソフトテニス部が部内で試合をしていました。

気持ちを新たに部員全員がやる気満々です。

新年度、新入生を迎えての活動が楽しみですね!

 

 

小田分校の春

新年度が始まりました。小田分校にも暖かい春の陽気で花いっぱいとなっています。

駐車場にタンポポ、花壇には菜の花やパンジー。

桜はすっかり葉桜となってしまいましたが、昨年度植えた芝桜が満開になっています。

 

  

 来週にはあっという間に始業式、入学式。皆さん新生活に向けて心機一転頑張りましょう!

道の駅「せせらぎ」でシトラスリボン配布中

1・2年生が作ったシトラスリボンを道の駅「せせらぎ」で無料プレゼントしています。

去年の6月頃からマスク作りと併行して作っていたシトラスリボンですが、コロナ感染拡大を受けて、家庭クラブ役員からもう一度作って配布してはどうかという意見がでました。

感染者への差別や医療従事者への偏見をなくそうという「シトラスリボン」は、愛媛発祥です。

感染拡大が収まって「ただいま」「おかえり」といいあえる「まち」にしようという活動で継続中です。

人の動きが多くなる春ですが、私たち一人ひとりが感染拡大しないよう注意したいものですね。

 

衛星デフシアター春号に掲載されます!

衛星劇場ようこそ「手話の部屋」の司会・手話コーディネートをされている妹尾映美子さんの「衛星デフシアター 春号」に小田分校の活動を掲載していただきます。

コロナ禍の中で取材もままならない状況でしたが、小田分校の活動や魅力を満載!全国発信していただく予定です。

リーフレットの中の「セオちゃんのなんでも好奇心」というコーナーです。

卒業生も在校生も、とても楽しみにしています。

皆さんも見かけたら、じっくり小田分校の魅力を再確認してみてください!

 

武道・ダンス発表会

体育の授業でこれまで練習してきた、ダンスと武道(剣道)の成果発表会を行いました。

まずは、剣道選択生による発表です。

普段とは一味違う(?)、キリッとした表情です。

途中には、試合形式でのクイズも織り交ぜられていました。

「赤の面あり?いや、白の小手か!?」…素早い動きを見極めるのは、難しかったです!

続いて、ダンス選択生の発表です。

1年生の課題曲は「MICKY」です。

手足を大きく動かして、キレのある動きでした。

1年生の爽やかさが、よく出ていました。

2年生は、曲も衣装も自由演出です。

かっこいいダンスもあり、着ぐるみたちのファンサービスもあり、と盛りだくさんで楽しかったです。

来年度も、みんなで体育頑張りましょう!

 

春がきた

すっかり暖かくなり、グランド南側の桜も一気に花開きました。

先日植樹したエドヒガンの苗木の先にも。

足元を見ると、つくしもたくさん顔を出しています。

春いっぱいの「おだこう」でした。

 

第3学期グループマッチ

今年度最後のグループマッチを行いました。

今回の競技種目は、みんな初挑戦の「ドッヂビー」です!!

やわらかいフリスビーは、投げるのもつかむのも不安定で、少しコツが必要です。

みんなすぐに慣れて、試合は白熱しました。

体育館のコートの中を、2枚のフリスビーがあっちこっちへ飛び交いました。

最後には、「教員チーム」VS「生徒チーム」のドリームマッチも行いました。

会場は大盛り上がりでしたが、教員チームは体力の限界を感じました…。

1・2年生の親睦を深め、みんなで楽しむことができました。

新入生と一緒に、来年度行うグループマッチも楽しみですね!

 

ふるさと探訪学講演会

本校独自の科目である「ふるさと探訪学」が、今年度最後の授業となりました。

現在ふるさと探訪学は、地域おこし協力隊について学習しています。

今日の授業は、本校を中心に活動をしている地域おこし協力隊、「学校魅力化コーディネーター」の小田原先生にお越しいただき、お話をしていただきました。

地域おこし協力隊の概要の説明、内子町で活動している地域おこし協力隊のそれぞれのミッションの紹介、小田原先生自身が内子町に来られるまでのいきさつ、今後の活動の展望などを話していただきました。

生徒も真剣に話を聞き、メモを取ることができていしました。

質問も積極的に挙手をして行うことができました。

地域おこし協力隊のリアルな話を聞くことができ、有意義な授業となりました。

小田原先生、ありがとうございました。

 

最後の調理実習は…おにぎり作り

3月5日(金)2年生最後の調理実習は、余ったお米で「おにぎり作り」に挑戦しました。

1人1合のちょっと多い分量のご飯を、自分たちが持参した好みの具材をはさんだり、混ぜたり…豪華に肉を混ぜて焼き肉おにぎりやふりかけを全部ミックスして、味の濃いおにぎりやら、普段のお弁当におにぎりをリクエストしている自分たちを、ちょっと反省した調理実習となりました。

でも、これで一人暮らしをしても「おにぎりは作れる!」と自信たっぷりの笑顔。

自分で作ったおにぎりの味は格別でした。

 

美術でアニメ制作

2年生が美術の授業でアニメーションの制作に取り組んでいます。

「おだまるの大冒険」というタイトルの短編アニメで、小田校のゆるキャラ「おだまる」がおだ姫を取り戻すために小田の名所を駆け回るという話になっています。

グループ員が知恵を出し合ってストーリーを考え、登場するキャラクターを手作りしました。

おだまるが向かう先には、カメムシやシイタケなどの難敵が待ち受けています。

おだ姫を無事救出できるか、乞うご期待!

 

折り紙ペープサート

1・2年生が、折り紙を使ってペープサートを作りました。

3年生が保育の時間に作った「3匹の子ぶた」「子ぶた・たぬき・きつね・ねこ」を見本に一生懸命に取り組みました。

とても可愛い動物や物語の主人公が完成し、お話を練習するグループもいました。

幼稚園や特別支援学校で使ってもらえると嬉しいねという会話も聞こえてきました。

 

修学旅行⁉

今年度の2年生は修学旅行に行くことができませんでした。

「どこかでその代わりとなる思い出づくりを…」と誰もが考えています。

そんなときに、教育魅力化コーディネーターさんがリアルな映像やグッズを用意して、今年度行くはずだった修学旅行をプチ体験させてくれました!

生徒たちは教室で急に渡されたチケットを持って体育館へ。

松山空港に入るところからスタートし、飛行機の離陸や浅草雷門、ディズニーリゾート等々…

映像+ガイドで楽しむとともに、感動をいただきました。

どうも大量のディズニーリゾートグッズは、昨年度修学旅行に行った卒業生たちが提供してくれたものだったようです。

様々な人から2年生にむけられた想いを感じられる素敵な時間でした。

 

感謝!「おだまるカレンダー」‼

「おだまる」の原作者(本年度卒業生)からオリジナルおだまるカレンダーをプレゼントしていただきました!

家庭学習期間中の2月に担任の先生とコツコツ作ってくれていたようです。

本当に素敵なカレンダーをありがとうございました!

今年度の「オダカン」にて、「ゆるキャラグランプリ」の実施が決まり、複数の応募作品より「おだまる」が選ばれ、人形や缶バッチ、マグネット、旗…様々なアイテムが生まれました。

たくさんの人を動かした生徒のアイデアってすごい!

 

入試前に花壇の手入れを

1・2年生が入試前に芝桜やパンジーの花壇の手入れを行いました。

全校生徒で植えた芝桜も少し咲き始めた花壇ですが、草引きをして肥料や堆肥をやりました。

受験生が少しでもリラックスして、小田分校の雰囲気を楽しんでくれたらと思います。

桜の花が咲く頃には、満開になるのを楽しみに作業をしました。

内子福祉館でいただいたノースポールも、寒さに負けず育ちました。

テニスコート側に植え替えをした白い花です。

来年は種が落ちて、あちこちに咲くのでは?と思っています。

 

内子町と世界をつなぐ

3月8日(金)、海外(シリコンバレー)の企業とつくる学びの場「内子町と世界をつなぐ」を実施しました。

第1部ではB-Bridge International,Inc.の桝本様 にシリコンバレーの文化やエコシステム等のお話をしていただきました。

第2部では、学校や学びの場における今年1年の変化について意見出しを行い、海外との連携を前提に学びたいこと、挑戦したい学び方等についてグループディスカッションを行いました。

桝本 様の「イノベーションとは技術革新にとどまらず、常識を飛び越えることだ」という言葉に刺激を受け、様々な学びのアイデアを生み出してくれました。

未来の小田分校をみんなでつくろう!

 

エドヒガン植樹

前PTA会長様から桜の苗木をいただきました。

上川地区の世善桜を、松山市北条の名手に接いでいただいたものだそうです。

エドヒガンという品種で、ソメイヨシノなどよりも寿命の長い桜です。

2本の苗木はグランドの南側に植えていただきました。

大きく育ってたくさんの花をつけるのを楽しみにしてます!

 

剣道・ダンスの発表会に向けて

小田分校では、毎年1・2年生の体育で剣道・ダンスの発表会を実施しています。

今年度は3月15日の5・6時間目です。

剣道2段の生徒から剣道初体験の生徒が共に型に挑みます。

また、1年生のダンスは「ミッキー」をテーマ曲に、2年生は自由曲で創作に取り組んでいます。

真剣、緊張、笑顔、歓声…本番が待ち遠しいです!

 

広報うちこ(3月号)に登場!

広報うちこ3月号に本校の生徒及び生徒の活動が掲載されています。

特集の「元気創造~内子町政「第三章」始動~」には、「届けたい私たちの声」として「地域の伝統行事を守り続けてほしい」という思いが掲載されています。

「うちこ住来」では、先日実施した旧参川小学校でのアート&カフェのイベントが紹介されています。

ぜひご覧ください!

広報うちこ編集委員会のみなさん、いつも素敵な記事をありがとうございます!

(画像をクリックすると広報うちこのホームページにつながります)

 

「おだこう」垂れ幕お披露目!

卒業生の皆さんからもらった、「おだこう」の垂れ幕を、本日いよいよ校舎に掲げました。

晴れ渡る空のもと、先生方が協力して、よいしょ、よいしょ……。

色鮮やかな「おだこう」の文字が、とても爽やかです!

卒業生の皆さん、すばらしい卒業記念品を本当にありがとうございました。

みんなで大切に守っていきます。

中学生の皆さん、「おだこう」の垂れ幕を目印にやって来てくださいね!

 

愛媛ジャーナル掲載

1月12日の「小さな親切運動実行章・グリーンコスモス大賞」の表彰式と本校の活動内容を「愛媛ジャーナル3月号」に掲載していただきました。

表彰後に撮影した全校生徒での記念写真も載っています。

冊子は正面玄関に展示しています。

掲示物を作り、家庭クラブ役員と生徒会役員で記念撮影をしました。

これを励みに、今後の活動も全校生徒で「おだ盛り」を合い言葉に頑張りましょう。

 

令和2年度 卒業証書授与式

3月1日(月)、令和2年度の卒業証書授与式が挙行されました。

1・2年生は自教室からの遠隔参加、保護者・来賓の制限など、例年と違う条件下での挙行となりましたが、卒業生の級友や家族、学校、地域への想い、在校生や先生方の卒業生への想いが込められた感動的な式典となりました。

 

(卒業生答辞より)

思い返してみると、3年間は本当にあっという間で、とても充実した日々でした。

決して楽しいことばかりではなかったけれど、悔しかったときも、悲しかったときも、多くの人に支えられて今の自分がいます。

小田校で過ごした3年間は私たちの誇りです。

 

内子高等学校小田分校として初の卒業生となった27名のみなさん。

みなさんの高校生活は眩しいほどにキラキラと輝いていました。

その輝く3年間を、小田分校に関わるすべての人たちと共有させてもらえたこと、深く深く感謝しています。

本当にありがとうございました。ご卒業おめでとうございます。

 

 

愛をこめて花束をプロジェクト

卒業生が、担任の先生にサプライズプレゼントを企画。

折り紙とストローで作った花束と、一人ひとりからのメッセージ動画を準備していました

同窓会入会式後の会場で、サプライズ企画を決行したのですが、花束贈呈後、実際スクリーンに映し出された映像は、1・2年生一人ひとりから3年生に向けたメッセージでした(逆ドッキリ!?)

実は、1・2年生が卒業生へ花束を贈ろうと極秘プロジェクトを始動していたのです。

自分たちの撮影した動画が流れると思っていた卒業生は、サプライズメッセージに大いに笑い、見終わった後の目には涙が…。

こういう瞬間…この小田分校の生徒で良かったなぁと思える時かもしれません。

 

卒業記念黒板アート

被服室の黒板を使い黒板アートを実施しました。

卒業生は3年間の思い出やこれからの夢を、1・2年生は感謝の気持ちを綴りました。

友だちが書くのを見守る生徒の笑顔が、この小田分校での充実した3年間を物語っています。

今日の前日表彰・卒業式予行の態度も素晴らしかったです。

本番の卒業式も、胸を張って堂々と入場してください!

「おだまる」も見守っています。

 

3年生へコサージュプレゼント

家庭クラブ役員の1・2年生が、3年生にコサージュをプレゼントしました。

「コロナ禍の中、いろいろな行事カットや自宅学習が続き、部活動や学校行事もままならなかった1年でしたが、先輩方に強さと優しさを学びました。

卒業式への参加は叶いませんが、Zoomで見守らせていただきます。

新しい進路先や職場でも持ち前の明るさと笑顔で頑張ってください」と代表者が挨拶して渡しました。

受け取る3年生の笑顔が、素敵でした!

 

テレビ愛媛【公式】YouTubeに登場

先日、テレビ愛媛で紹介された「おだマルシェ~動く道の駅~」が、テレビ愛媛【公式】YouTubeに登場しています。

先日の放送を見逃された方は、ぜひチェックしてみたください!

 

(画像をクリックするとYouTubeの再生がはじまります)

学校名表示用垂れ幕

本年度の卒業記念品である「学校名表示用垂れ幕」が出来上がりました。

設置場所は小田分校で一番高い場所です!

本日、設置作業の準備・リハーサルを行いました。

卒業関係の式典等において御披露させていただく予定です。

今後は、この垂れ幕を目指して小田分校に来てください!!

 

企業と協働によるキャリア教育(第2次産業編)

2月16日(火)、東予の企業(第2次産業)10社の方々と「企業との協働によるキャリア教育(第2次産業編)」を実施しました。

この講座は①社会人として必要な勤労観と職業観を育むこと、②第2次産業や愛媛の企業との出会いの場とすること、③コミュニケーション力・創造力を育むことを目的に実施しました。

第1部では、公益財団法人えひめ東予産業創造センター 矢葺 様より「東予の紹介・ものづくりの魅力」、住友重機械工業株式会社愛媛製造所 大和田 様より「住友重機械工業のものづくり~遠い宇宙も見通す~」というテーマでご講演をいただいきました。

第2部では、参加いただいた10社の方々と小田分校生(1・2年)が自分たちの得意なことを活かしたプロジェクトづくりのトレーニング(3つのカードでプロジェクト)を実践しました。

トレーニングは1回20分の3回。

ビデオ会議システムを利用してのコミュニケーションとなりましたが、1回目よりも2回目、2回目よりも3回目と、生徒と企業の方々との会話、笑い声が多くなり、有意義なトレーニングとなったことはもちろん、企業とのよい出会いの場となりました。

今回の講座を企画してくださったリージョナルデザイン株式会社 様には、たくさんの学びと笑顔をつくっていただき感謝しております。

参加してくださった企業の皆様も、本当にありがとうございました!

 

 

 

(参加いただいた企業のみなさん)

アイム株式会社(紙加工品製造)

一宮運輸株式会社(物流・倉庫・港湾荷役・製造請負)

株式会社一宮工務店(プラントエンジニアリング・建設)

有限会社佐々木組(産業機械製品製造)

住友重機械工業株式会社(製造業)

登尾鉄工株式会社(建築鉄骨製造業)

やまと印刷株式会社(印刷)

株式会社よしだ(鋼構造物塗装業)

ルネサスセミコンダクタマニュファクチュアリング株式会社(半導体製造)